現在、歯周病は高血圧症や糖尿病といったいわゆる生活習慣病の1つであると考えられています。
左のグラフは歯を失った原因を調査した結果です。
以前は虫歯で歯を抜く方が多かったのですが、現在では歯周病が歯の喪失原因の 1 位となっています。その理由としてライフスタイルの変化などが原因として考えられています。また年齢別に見てみても30代から圧倒的に歯周病が原因の歯の喪失が増えています。




成人の80%以上が、程度の差はありますが歯周病といわれています。
歯周病は歯を失うだけでなく、全身の健康にも大きな影響を与えます。
福武歯科医院では予防できるものは予防し、治療により回復可能なものはしっかりと原因を調べ取り除く治療を行い、できる限り長くご自分の歯を残していけるよう努力をしています。
早期に治療することも大事ですが、歯科検診を定期的に受け予防していくことが何より大切なことです。






歯周病の原因として一番シンプルな答えは細菌が引き起こす感染症であるということです。
細菌はどんなに口の中にキレイにしたとしても存在します。
実際口腔内には 1mgあたりのプラーク中には約1億個の細菌が生息し、200〜500種類の細菌が存在し、そのうち約10種類が歯周病性細菌であるとされています。
身体には免疫という優れた防御機構が存在しますが、
細菌はそれに抵抗してきます。
それに加え生活習慣や免疫力の低下、噛み合わせ等が乱れた結果、 歯周病という名の感染症が引き起こされます。




虫歯なら舌で触って穴がある、冷たいものでしみるなどの自覚症状があります。
対して歯周病は歯茎から血が出るなどの症状があっても歯肉炎である場合もあり、初期から中期までの間は気づかないことも多くあります。歯が揺れる、腫れたなどの症状が出て気づくことも多いのですが、この時にはすでに歯周病がかなり進行(重度)している可能性もあります。






たばこの煙には4,000 種以上の化学物質が含まれており、 そのうち有害であることが分かっている物質は 200 種を超えています。喫煙と言うと肺炎を 想像しますが、歯周病にも大きな危険因子として挙げられています。

また、たばこは全身にも悪い影響を及ぼします。

多少の運動で息切れするようになったり、血圧が下がって血行が悪くなり、疲労もたまりやすくなります。



喫煙者は、よく「たばこを吸うと、ストレスが軽減するからやめられない」と言います。 一度たばこの依存症に陥ると、たばこを吸う際の
一時的な血管収縮に快感を覚え、その快感を求めて再び吸い続けるという傾向にあります。 その快感から、まるでストレスが消えていくような感覚になるようですが、実は錯覚に過ぎないのです。 錯覚に取りつかれているため、市販されているグッズを使用してもなかなか長続きせず、禁煙がうまくいかないという人が多いのです。



ニコチン ゴキブリの殺虫剤の成分(依存性あり)
タール 発がん物質
一酸化炭素 酸素欠乏による障害
ヒ素 農薬として使用されてきた
カドミウム イタイイタイ病の原因
ホルマリン 死体や生物標本の防腐処理に使われる
トルエン シンナーの主成分
シアン化水素 殺虫剤化学兵器(毒ガス)として使用された



たばこの煙には、
約4,000種類もの化学物質が含まれています。そのうち約200種類が有害物質、さらにそのうちの約60種類が発がん物質といわれています。これらを、妊婦や赤ん坊が取り込み続けたらどうなるでしょうか。
特に、生まれてすぐの赤ん坊は基礎代謝も激しく、汚染物質をどんどん細胞に取り込んでしまいます。
また、親の喫煙による受動喫煙だけで、子どもは以下のような被害を被ることがあります。

• 気管支炎
• 小児ぜんそく
• 呼吸機能低下
• 慢性副鼻腔炎
• 肺炎
• 髄膜炎
• 乳幼児突然死症候群
• 中耳炎






禁煙といっても、急にたばこを止めると、口寂しさから甘い物を多く摂ってしまうようになる傾向があります。 そのため、血糖値が極端に上がり、糖尿病になる危険性が高まります。
また、たばこを吸えないストレスから逆に体調を崩してしまう場合もあります。
禁煙は、たばこの代わりとなるもので紛らわし、徐々に量を減らしていくのが理想的です。

【たばこの代わりとなる主なもの】

• ガムを噛む
• 梅干を食べる
• 濃いお茶を飲む
• 深呼吸をする
• ストレッチをする