1.初診・応急処置

痛みや腫れが出ている場合、まずは応急的な処置を行います。
歯ぐきが腫れを起こしている場合には切開し、溜まっている膿を出してしまいます。

2.歯周組織検査

現在の歯垢(プラーク)の付着確認を行います。
器具を用いて、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」と呼ばれる溝の深さ、出血の有無・歯の動揺度を測り、歯肉炎・歯周病の状態を検査します。

3.口腔清掃指導

歯周病治療はご自身による日常的なケアが何よりも重要です。
そのために、歯科衛生士より、それぞれの患者さんのお口の状態にあった、1本1本の歯をしっかりと磨ける方法を指導させていただきます。 間違った歯磨きは、歯をすり減らしたり、歯肉を傷つけたりと逆効果となってしまいます。正しい磨き方をマスターし、歯周病治療の第一歩を踏み出してください。

4.プラーク蓄積因子の除去

噛み合わせの調整や義歯、予後不良な歯の抜歯を行います。

5.歯肉縁上のスケーリング

歯周病治療においては、ご自身による日常的なケアが一番重要だと申し上げましたが、しかし「歯石の除去」はご自身では行うのが非常に困難です。
歯科衛生士が特殊な器具を使用し、歯の表面や歯周ポケットに付着している歯石を除去していきます。

6.再評価

ここまで行った治療の効果を調べ、次の対策を立てます。

7.歯ぐきの中にある歯石の除去(SRP)

スケーリング(歯石除去)とは、歯の表面に付着したプラークや歯石、その他の沈着物などを器械的にのぞき、歯の表面を綺麗にすることを言います。歯石となってしまったプラークは、通常のブラッシングでは除去することが出来ないため、除去には専門技術を持った衛生士による処置が必要となります。 そしてルートプレーニングとは、スケーリングのあとのザラザラになった歯の表面を滑らかにすることを言います。 汚れを落とし、表面を滑らかにすることによって、汚れが付きにくくなります。そして歯肉の炎症がおさまり、さらなる歯周組織の破壊も抑制されるのです。

8.再評価

ここまで行った治療の効果を調べ次の対策を立てます。

ここまで行った治療の効果を調べ次のステップに移ります

「再評価の結果が良好な場合」再発防止に努めます

歯周病治療が完了した後、3ヶ月に1度(健康な方)、クリニックに定期的にお越しいただき、検診を行います。

「歯周病が中等度から重度の場合」
外科処置を行うことで再発しにくい環境を作ります。

なぜ歯周外科処置を行うのか?

歯周病が中等度から重度の場合、実際の見た目よりも骨の吸収が進行している場合が多くあります。 その場合、基本的な治療をしただけでは良好なプラークコントロールが出来ないことがあります。歯周外科処置ではこのような歯肉と骨とのアンバランスな関係を改善する目的があります。

「全身的な健康状態によって外科処置ができない場合」
抗菌薬を用いて悪玉菌を除菌します。

歯周病菌を診断し、薬で除菌をしながら徹底したクリーニングを行うことで、口腔内細菌を無くしていきます。

再検査

3ヶ月に1度くらいの頻度で、専門スタッフによるお口のメンテナンスを
おすすめします。
(1)歯ぐきの炎症がないか確認
(2)歯垢の付着程度の確認
(3)歯と歯ぐきの間の溝の深さ(歯周ポケット)の確認
(4)歯垢(プラーク)と歯石の除去
を行います。


歯周病が中等度から重度の場合、実際の見た目よりも骨の吸収が進行している場合が多くあります。
そのような部分では基本的な治療をしただけでは良好なプラークコントロールが出来ないことがあります。
歯周外科処置ではこのような歯肉と骨とのアンバランスな関係を改善する目的があります。
 
歯周病によって失われた歯槽骨は、実は再生する能力を持っています。ですので、原因を除去すれば元に戻り得るのです。しかし、原因を除去してそのまま放っておいても元には戻りません。なぜなら、歯肉の再生の方がスピードが早いため、元に戻るはずだったスペースを歯肉が覆ってしまうためです。
歯周外科手術の際に、手術部位に特殊な薬剤を塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現することができます。こうして、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能を持つ歯周組織の再生を促し、健康な歯周組織を取り戻します。
主訴:咬合時の違和感及びブラッシング時の出血
歯周病があり骨が少ない状態でした、根の先にも病巣があり根の治療を行った上で他の部位より採取した骨を移植しました。
 
主訴:前歯の歯茎が痛む
かかりつけの歯科に通っていたが、歯茎の腫れが収まらないとのことで来院されました。
検査を行うと前歯に深い歯周ポケットと動揺があり、残すことはできないかもしれないことをお伝えしましたが、出来る限りの処置を希望されました。
そこでエムドゲインと呼ばれる骨を作るお薬や人工骨を用いた再生治療を計画し、患者様に説明しご同意頂き手術を行いました。
 
主訴:右下の歯が腫れる
歯周病で骨が大きく失われています。またかみ合わせの問題を解決しながら、人工骨を用いた再生治療を行いました。
全ての場合において外科処置を行う訳ではありません。状態により手術しなくても大丈夫な場合もあります。
また重度の場合では手術が不可能な場合もあります。担当衛生士・歯科医師にお尋ねください。