美しい口元づくりを目指し、歯と顔との美的調和を図りつつ、 一本一本の歯をより自然に美しく改善していく治療を一般的に審美歯科と呼んでいます。

美しい魅力的な口元は



を表し、 その方の魅力を最大限に引き出す象徴でもあるのです。


では、「審美歯科」とは具体的にどのような治療のことを指すのでしょうか?


などのイメージをお持ちの方は多いかと思います。
しかし審美歯科という分野は、そのような治療だけを指すのではありません。
福武歯科医院では、造形美だけでなく、機能美を重視した本当の審美歯科を提供しております。


よりキレイに長持ちするかぶせものを入れたい。年々そういう要求が高くなりつつあります。
当医院ではアレルギーを起こしにくく、耐久力にも優れた
ジルコニアを用いた治療も行っております。

ご要望:前歯をキレイにして欲しい
この症例の場合、歯周病もおありでしたので、きっちり歯周病の治療を行った後、左右の一番目の歯をジルコニアで修復しました。その他の歯は保険内のコンポジットレジンで修復しました。
色調にも満足して頂け、快適に噛めるとおっしゃって頂けました。
歯周病がおありの患者様であっても歯周病の治療をきっちり行うことで、キレイにしたいというご要望に応えることが可能です。



ジルコニアは丈夫な素材のため、ブリッジなどにも用いることが可能です。
ただしブリッジは残された歯(残存歯)にとって負担となりますので、ブリッジ装着前の根っこの治療や歯周病治療が重要です。 また残存歯の状態に、歯がない場所によっては適応できないこともあります。
一度ご相談下さい。

ご要望:前歯をキレイにして欲しい
この症例の場合は歯周病はありませんでしたが、歯茎が大きく失われている状態でした。
そこで歯茎の色をした陶材(瀬戸物の材料)と白い歯の色をした陶材を合わせた人工歯で治療をいたしました。
当院では交通事故や外傷などによって骨が失われた場合でも適応症はありますが、もう一度キレイな歯にすることが可能です。一度ご相談ください。



銀色の歯と同等の強度を持つジルコニアを使用したインレー。
割れてしまうというリスクが非常に少ない材質です。銀色の歯が目立つという理由から、虫歯が大きい場合でもコンポジットレジン(プラスティック)で修復する医院も多いですが、キッチリと辺縁封鎖が出来ずに短期間に虫歯になられる方が多くいらっしゃいます。
ジルコニアの色調の種類は限られていますが、少しでも長持ちしてキレイになりたいというご要望にお応えします。


ハイブリッドセラミックインレーとは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られたインレー(詰め物)です。 ジルコニアインレーよりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、色調と強度は多少劣り、経年的に変色します。


金属でできた土台に陶材(瀬戸物の材料)を焼き付けることで出来る被せ物です。
色調の再現性に優れていて本物の歯に近づけることが可能です。
ジルコニアに比べ美しい歯を入れることが可能ですが、噛み合わせによっては陶材が割れたり、金属色が歯茎から見えたりすることもあります。 それぞれメリット・デメリットがありますので一度ご相談ください。

ご要望:前歯の被せ物が取れた
かなり前に装着した被せ物が脱離したとのことで来院されました。
かなり古い修復物のため歯茎の奥まで入り込んだ虫歯や歯周病、さまざまな問題を抱えておられましたが、歯周病の治療をキチンと行い、時間は長期間必要でしたが患者様ご自身とても満足して頂けました。



ラミネートベニアとは、歯の表面を少し削ってそこに薄いセラミックのシェルを貼り付ける治療法です。
歯を半永久的に白くしたい場合や、歯の形を変えたい場合などに用いられます。
短期間で思い通りの白さにすることが出来ますが、健康な歯を削ってしまう方法なので、適用に関しては十分に相談して決める必要があります。

 


セラミックは、全体がセラミック(陶器)で出来ているかぶせ物、差し歯です。 セラミック(陶器)は汚れが付きにくく、変色もしません。 オールセラミックは天然の歯とほとんど見分けがつかないレベルの高い審美性を有しています。
メリット・デメリットがありますので一度ご相談ください。



金属で出来たフレームにプラスチックの一種を焼き付けることで被せ物を作製します。
歯の裏面が金属でプラスチックが経年劣化で変色する可能性もありますが、できる限り美しいな修復物が出来るように努めております。



歯科用プラスチックにセラミックスを混合した素材で、特徴としては今まで銀歯だった歯を、白く置き換えることが出来、健康保険が適用されます。 短所は強度が金属に比べて落ちることと、経年劣化で色が変色することです。