口腔内カメラを用いて、治療前、治療後の口腔内の状態ををモニタリングし、実際に病気を自分の目で確認して頂けます。

当院では、今後の生活での注意点やその人にあった歯磨きの指導を行い、早期発見・早期治療に努め、元から虫歯をつくらないようにするための知識を指導いたします。
正しい歯磨きの仕方を習得していただき、意識の改善にご自身が努めていただくこと。これが最も重要なのです。


 

従来の症状が出て、悪くなってしまってから治すという医療ではなく、悪くなる前に病気となる原因を発見し、
早期に絶つという医療が歯科治療のみならず重要視されております。
歯科医療においても虫歯や歯周病などの病気になってからの治療だけではありません。
痛くなる前にお口の中の健康を守り、また増進するための、積極的な医療でもあります。
つまり、病気の原因から治す方法です。これがもっとも効果的です。



口の中は細菌たちの格好の棲み家である。そう思ってませんか?
ところが細菌学者によれば、実は虫歯菌、歯周病菌などの悪玉菌にとって、むしろ住みにくい環境であることがわかってきました。 唾液の中には、私たちが考える以上の抗生物質が含まれているだけでなく、細菌たちはすぐに洗い流されて消化管に送り込まれ、強い酸により殺されてしまいます。




悪玉菌は手始めに、他の細菌を味方につけることを思いつきます。
自分たちが作ったベタベタした小さな集団の中に、他の細菌も取り込んでお互いが気持ちよく住める村をつくりあげます。
ところが、口の中にはこの村が付着するのに必要な硬い組織が存在します。 こうして歯や歯根の表面は悪玉菌の格好の棲み家になっていきます。
このような町を”細菌バイオフィルム”と呼びます。 歯や歯肉にさまざまないたずらをする成熟したプラークの正体は、 実はこのバイオフィルムなのです。






バイオフィルムは残念ながら歯磨きでは取り除けません。
長い間、予防の切り札として信じられてきた歯磨きにも、限界があったのです。
歯磨きで取り除けるのはバイオフィルムの上に浮遊する細菌の小さな村なのです。 成熟した村であるバイオフィルムはホームケアの歯磨きでは取り除く事が出来ないのです。
つまり定期的に歯科医院を訪れ、歯科衛生士に専門的な方法(PMTC)により、取り除いてもらうことしかないのです。
そして3〜4ヶ月程度のリコールにより定期的に歯科医院でPMTCを行なえば、継続的な除菌効果が期待できます。





虫歯や歯周病、また現在健康でもこの先に問題が生じそうな部分のチェックを行い(必要に応じて、デジタルレントゲン検査や、唾液検査を行います。)お口の状態と生活環境にあわせ、その方に適した食事アドバイス、正しいホームケアを丁寧に指導し、PMTC(プロが行うクリーニング)、フッ素療法を行います。